A CAT'S EDEN

ツールや機能の紹介と、ゲームや落語などの趣味について。



【書籍紹介】打姫オバカミーコ

「片山まさゆき」先生の描いた麻雀漫画、「打姫オバカミーコ」を紹介させていただきますヽ(・∀・ )ノ
単行本全15巻で完結です。
Kindle版もあるようですねー( ✧∀✧)

片山まさゆき先生は麻雀熟達者でタイトルも持っている(確か第1回最強位)方であり、今までに多くの麻雀を題材にした漫画を描かれていますが、この「打姫オバカミーコ」は、その中で「役やルールなどを覚えたが、これからどうすれば強くなれるのか分からない人」に是非読んでいただきたい作品です

麻雀初心者のバイブルだと言っても過言ではないと思います。

私も単行本や「近代麻雀」という雑誌を買って熟読したものです(´▽`)

ストーリーについて簡単に紹介すると、麻雀がとても弱い麻雀プロの卵である主人公「丘葉 未唯子(通称:ミーコ)」が、麻雀プロ団体のトップに君臨したものの麻雀プロを辞めようとしていた「波溜 晴(なみだめ はる)」を強引に師匠に選び、波溜師匠の言うことをきっちり覚えながら麻雀を上達させていき、一人前の女流プロとして活躍するという内容です。

基本的に1話につき1つ、「リャンメンで待て」などの師匠からミーコに対しての麻雀アドバイスが出てきており、全話読み終わるときっと麻雀が上手くなっています。

またこれは念のために書きますが、上記で「麻雀初心者のバイブル」と書きましたが、この漫画はあくまで著者である片山まさゆき先生の麻雀に対しての考え方が書いてあるのです(ルールブック以外のすべての戦術書はそうですね)。

麻雀の何切る問題は答えが分かれるのが普通で(分かれるように問題を作っているので当然ですが)、この漫画に限らず局面局面で自分の打牌と作中で勧める打牌が異なるものであっても特に気にはならないのですが、この漫画に関して1点自分が気になっている点は、ほんの少しだけ「オカルト」の考え方を説明している点です。

麻雀には「オカルト」という「理論で説明がつかない牌の巡り」を肯定する考え方があります。

野球でもたまに「流れがいいからバントをする場面ではない」などといったことを解説者が話しますが、「前の局でこうだったから今局もこうした方が得」「今流れに乗ってるから攻める」という考え方が往々にして出回っています。

そして、筆者である片山まさゆき先生は、「オカルト」の考え方を持って麻雀を打っています。

片山まさゆき先生も自分の考え方を詰め込んだ本としてこの漫画を描いたと思われ、この考えを悪く言う気は全くありませんし、麻雀だけでなく人生においても個人個人の考え方、経験則があるので全く否定はしません。

そして私も理論上では説明できませんが、「こういう時はこうなりやすいな」と思う現象は多少あります。

ただ、初心者が麻雀を覚える際は、理論を先行して覚えてほしいと思うばかりです。

その点さえ注意して(実際1、2箇所くらいしかでてこなかったと思いますが)読むのであれば、麻雀上達を手助けしてくれるとてもおすすめの作品であるのは間違いありませんヽ(・∀・ )ノ