A CAT'S EDEN

ツールや機能の紹介と、ゲームや落語などの趣味について。



【歴史人物紹介】おつやの方

今回の記事では、戦国時代に生きた女性「おつやの方」を紹介いたします( ゚∀゚)

念のため漢字を当てると「お通夜」ではなく「お艶」です。

 

※下の画像はアーケードゲーム「戦国大戦」のカードです

現在、大河ドラマでは柴崎コウさん演じる井伊直虎を主人公とした「おんな城主 直虎」が放送中ですが、この「おつやの方」も井伊直虎と同じように女性でありながら城主となり、戦国時代を生きたのでした。

 

 

おつやの方は、尾張の織田信定という武将の子として生まれます。

兄弟には織田信秀がおり、この武将は言わずと知れた織田信長の父親です。

つまり、おつやの方は織田信長の叔母に当たるのです( ゚д゚)

 

美濃の国(現在の岐阜県)東部に岩村城という城があり、おつやの方はこの城の城主である「遠山景任(とうやま かげとう)」という武将に嫁ぎました。

岩村城は位置的に織田家と武田家といった大勢力に挟まれており、遠山家は両家に対して親睦を図る形をとっていましたが、城主である遠山景任が病死してしまいました。

東美濃の領地を自分のものにするために、織田信長は岩村城に軍勢を送り込み、自分の息子「坊丸」を景任の養嗣子とし、その後見人をおつやの方に決めました。

当時坊丸はまだ幼かったため、後見人のおつやの方が城主となり、ここに「おんな城主 おつや」が誕生したのです( ゚∀゚)

 

しかし、おつやの方の波乱な人生はまさにここから始まるのでした。

武田信玄が上洛作戦を進めたのです。

 

武田信玄配下の武将、甲斐の猛牛と呼ばれた猛将「秋山信友(秋山虎繁)」が手勢を連れて岩村城を包囲しました。

 戦略的な観点からか、部下のことを考えてなのか、おつやの方は城を明け渡し、なんと秋山信友の嫁になり武田側につき、結果として織田信長を裏切る形を取ったのです。

※宮下英樹先生の描く漫画「センゴク」では、秋山信友がおつやの方を落とす描写があり印象的でした。もしかしたら降伏前に本当に直接合う機会があり、惚れてしまったのかもしれません。

 

その後、坊丸は甲斐に送られ、岩村城は秋山信友が治めていましたが、今度は武田信玄が死んでしまい、後に行われた織田家と武田家の大戦である「長篠の合戦」にて、武田家は織田家に大敗北を喫します。

 

織田信長はその勢いのまま岩村城を攻め、岩村城は落城します。

おつやの方は秋山信友と共に織田信長に捕らえられ、磔刑にされてその人生を遂げたのです。

 

 戦国の世に翻弄された「おつやの方」のエピソードでした。

 

最近、大河ドラマ「おんな城主 直虎」もそうですが、戦国時代の女性が何かの話題に取り上げられることが多くなっていると思います。

KOEIの無双シリーズや、流行っているソーシャルゲームでも、多くの女性キャラクターが活躍していますね。

今後も自分の知らない戦国時代の女性のエピソードを知る機会がどんどん増えるであろうと、楽しみにしています。