A CAT'S EDEN

ツールや機能の紹介と、ゲームや落語などの趣味について。



【ツール紹介】google日本語入力

こんばんは( ゚∀゚)

今回の記事は「google日本語入力」の紹介です。

google日本語入力とはgoogle社が開発した日本語入力のためのIMEです。

 

下記、IMEの詳細です。

※wikipediaより引用しています

インプット メソッド エディタ(英: input method editor、IME)、訳して入力方式エディタとは、パーソナルコンピュータをはじめとした情報機器で、キーボード上にあるキーの組み合わせ(またはスマートフォン画面上にある限られたキーの組み合わせで)で、漢字、ハングル文字、かな文字などキーボード上には無い文字を入力するためのソフトウェアである。通常は言語種ごとに別個に用意され、中国語対応版、朝鮮語対応版、日本語対応版などがある。

 

以前、windowsで標準装備されている「Microsoft IME」における辞書登録や予測変換機能の記事を書いたのですが、「google日本語入力」を使ってみると自分としては明らかに「Microsoft IME」より使いやすく、文字が早く打てることが判明いたしました。

何故かと言うと、google日本語入力は「予測変換機能」が非常に便利なのです( ゚∀゚)

 

google日本語入力の「予測変換機能」について

Microsoft IMEは予測変換機能を使うために文字を覚えさせ(2回使用することで覚える)た上で、文字を打ち終わってから「tab」を押すことで予測変換対象の文字一覧リストが出てきます。

しかしgoogle日本語入力はインターネットを通してgoogle社のビッグデータを参照し、予測変換対象の文字一覧リストを自動で抽出し、「tab」を押さなくても文字打ち込み中に表示されるのです。

もちろんリストにない自分が使用した文字は記憶してくれます。

 

またgoogle日本語入力は、google社のビッグデータを参照することで、予測変換対象の文字一覧リストに世間で使われている固有名詞が自動で出てくるというスグレモノです。

固有名詞を打つときは一字一字ふさわしい漢字を探して変換するという作業を伴うものでしたが、その作業の工数が大幅に短縮されます( ゚∀゚)

 

以前の記事で使用した「金原亭馬生」師匠の名前も、この通りすぐに出てきます(´▽`)

f:id:hakkyooneko:20170910015819p:plain

 

以上、google日本語入力における利点の説明でした。

Microsoft IMEをまだ使用している方は、この機会に「google日本語入力」に切り替えてみてはいかがでしょうか( ゚∀゚)

 

下記のページからダウンロードが可能です(´▽`)

Google 日本語入力 – Google