A CAT'S EDEN

ツールや機能の紹介と、ゲームや落語などの趣味について。



ソーシャルゲームプランナーについて

こんにちは、発狂ねこです((((^ ・∀・^)))

今まで色々記事を書いてきましたが、たまには私の職業である「ソーシャルゲームプランナー」について、何回かに分けて殴り書きをしていこうと思います。

まずは「ソーシャルゲームプランナーとは何なのか?」から始めます!

f:id:hakkyooneko:20171019124217j:plain


ソーシャルゲームプランナーとは?

「ソーシャルゲーム」は後に回して、まず「プランナー」は「計画の立案者」という意味です。

「ウェディングプランナー」や「フィナンシャルプランナー」などの言葉は聞いたことがあると思いますが、職業としてのプランナーを個人的に解釈して補足すると、「目的達成のための計画を立てる人」ということになります。

目的は会社やチームで決めたものであったり、お客様からの要望に答えることだったり、プランナーによって様々ですね。

ソーシャルゲームプランナーも、「目的に沿ってソーシャルゲームをより良くするために計画を立てる」職業です。

加えて「計画を立てる」だけではなく、計画実行の一環として多岐にわたる作業を行います。

実は「ソーシャルゲームプランナー」という言われ方はあまりされず「ソーシャルゲームのプランナー」「ゲームプランナーのソーシャルゲーム担当」などと言われることが一般的ですが、ここでは「ソーシャルゲームプランナー」という一つの単語として記載します。

ソーシャルゲームとは?

次に「ソーシャルゲーム」の話になります。

現在ではスマートフォンがとても普及しており、普段からソーシャルゲームはプレイしている人も多いと思いますが、その定義となると実ははっきりと説明をするのが難しいというのが本当のところです。

wikipediaでは「主にSNS上で提供されるオンラインゲーム・ブラウザゲーム」とありますが、この「主に」というのがミソですね。

最初はmixiやgreeなどのSNSをプラットフォームにしたゲームをソーシャルゲームと呼び、その後ソーシャルゲームの定義がはっきりしないままiOSやAndroidアプリのオンラインゲームについてもソーシャルゲームと呼んでしまい、範囲が広がってしまったことで定義が曖昧になっているのだと思われます。

さらにソーシャルゲームはオンラインでのプレイ前提なのですが、MMOを代表するPCにおけるオンラインゲームとも区別され、かなりややこしいことになっています。

定義については置いておき、私が考えるソーシャルゲームの大きな特徴は下記の3つです。

  • 他プレイヤーと影響を与え合う事が前提のゲーム仕様になっている
  • フリーミアム(基本無料、アイテム課金制)で成り立っている
  • 携帯端末で利用可能

「他プレイヤーと影響を与え合う事が前提のゲーム仕様になっている」については、「ソーシャル」に結びつく部分であり、チャットや掲示板、ギルド対ギルドの戦い、お助け枠でフレンドのキャラを借りるなどの例が挙げられます。

「フリーミアム」について簡単に説明すると、基本無料で利用できるが課金することでよりよいサービスを受けられるビジネスモデルです。

ゲームにおいては課金することで「ジェム」「クリスタル」「〇〇石」などのゲーム内通過と言われるアイテムが増え、ガチャやコンティニューなどに使用できますね。

「携帯端末で利用可能」について、これはそもそも携帯端末ありきでSNSが普及したため、自然に特徴と言うことができますね。

以上3点、ソーシャルゲームの特徴を書きました。

あくまで私が思っている特徴であり定義ではありませんので、その点はご了承いただきたいですが、少なくとも求人募集における「ソーシャルゲーム」については上記特徴で捉えてしまって問題ないと思います。

どのようなプロセスになっているか分かりませんが、早く定義が決まってほしいと切に願っており、「ソーシャルゲームをちゃんと定義します!」というマニフェストを掲げる政党があれば私は身を粉にして支援します。

コンシューマーゲーム(家庭用ゲーム)との大きな違いは、「運営」フェーズの存在です。

コンシューマーゲームの場合、極端に言うと開発さえ終われば製品としては完成し、あとは販売するのみです(もっとも最近ではコンシューマーゲームもオンラインアップデートを行う場合がありますので一概には言えませんが)。

しかしソーシャルゲームの場合は、開発が終わり配信が始まった後「運営」というフェーズがあり、プレイヤー全体の利用状況を見ながらゲームがより良いにものになるように、一般的には1週間から2週間に1回のペースでメンテナンスを入れ、アップデートを重ねていきます。

このアップデートの内容を決めて計画を立て、実行できるように管理することがソーシャルゲームプランナーの仕事となります。

 

ソーシャルゲームプランナーの主な仕事

まずイメージから。

ソーシャルゲームの開発、アップデートにあたり、プログラマーさんはプログラムを書きます。

デザイナーさんは画像を作成します。

非常に雑な言い方をすると、その他の必要な作業はすべてプランナーが行う可能性があります。

  • 企画検討
  • 仕様書作成
  • プログラマーさん、デザイナーさんへの依頼、進行管理
  • テキスト作成
  • データ作成
  • デバッグ
  • 告知作成
  • SNS管理
  • サポート対応

一覧にするとこんなところでしょうか。

会社やチームによって編成が様々であり、プランナー以外に特定の対応を専門に行ってくれるセクションが存在する場合があります。

「サポート対応」はカスタマーサポートのセクションがあったり、「テキスト作成」は担当のライターさんがいたり、「デバッグ」ですとデバッガーさんが専門にいたりなどです。

私は運がいいのか悪いのか、上記すべて体験することができました。

全部一気に書くと長くなりますので、他の記事も挟みながら少しずつ殴り書きをして、ソーシャルゲームプランナーという仕事を紹介していきたいと思います。

 

ではではっ((((^ ・∀・^)